介護に役立つ衣食住情報

司法書士・行政書士こんどう事務所

成年後見業務を中心に、遺言や家族信託などの生前対策業務を通して、みなさまの大切な財産の管理と円滑な承継をサポートいたします。

当事務所は、成年後見業務を中心に、遺言や家族信託などの生前対策業務を取り扱う司法書士事務所です。
30~40代の若くて元気なスタッフが複数名在籍しており、柔軟で迅速な対応が可能です。

所在地 〒473-0901
愛知県豊田市御幸本町1-174 カトレヤビル7Fアクセスマップ
電話番号 0565-41-6434
FAX 0565-41-6435
E-Mail kondo-legal@ace.ocn.ne.jp
ホームページ http://souzoku-kondo-legal.jp/
お知らせ

ごあいさつ

当事務所は、成年後見業務について、事務的な手続きや法的サポートにとどまらず、精神的なサポートも心がけることで、ご家族の不安を解消し笑顔を創るという信念をもって業務に臨んでおります。また、入所者の方は、ほとんどが私どもよりも、人生経験という意味で大先輩ばかりであり、一人の人間として、私どもが勉強させていただくこともあります。当職をはじめスタッフ一同、日々、人間として成長のできる業務であり、やりがいのある業務であると感じております。

「フットワーク」若さを活かし、正確かつ迅速に業務にあたります。 「チームワーク」スタッフ一丸となって業務にあたり、他士業との連携によるワンストップサービスを実現します。 「ハートワーク」思いやりをもって、時には情熱をもって、業務にあたります。

こんどう事務所は、「フットワーク」「チームワーク」「ハートワーク」を心がけ、法的サービスを提供することによって、みなさまの笑顔を創ることを心がけます。

成年後見制度とは・・・

「成年後見制度」とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分なために、悪徳商法の被害にあうなどの財産侵害を受けたり、人間としての尊厳が損なわれたりすることがないように、法律面や生活面で支援する仕組みです。判断能力を欠くようになった方について、申立により家庭裁判所が成年後見人を選任します。

通常の「法定後見」に対し、「任意後見」とは、判断能力が実際に低下する前に、弁護士や司法書士、行政書士などに、将来的に判断能力が低下した際に自らの後見をしてもらう契約を結ぶことができる制度です。

「後見人」とは、財産の処分契約等々に関して、法定代理人となる者のことをいいます。つまり、簡単にいうと、財産を代理人として担う人のことを指します。

大切な財産を担う後見人はどのように選んだら良いのでしょうか?

親族が後見人になることもできますが、弁護士や司法書士、行政書士が後見人になることもできます。

死後事務委任契約とは・・・

「死後事務委任契約」とは、葬儀や埋葬に関する事務を委託する契約のことです。

自分が亡くなると、相続手続き、相続財産の管理、または処分および祭祀の承継等々、相続人には多くの事務的な負担が発生します。

そのような問題を回避するには有効な手段の一つです。

お問合せ
お問合せ

介護ナビ・介護サーチでは、介護施設の求人情報・施設PRを無料掲載出来ます。

もっと詳しく

介護接遇マナーカード

わすか15分でできる、簡単・見える化・習慣化の「介護接遇マナーカード」がついに誕生!

もっと詳しく

介護ナビあいちブログ
→大好評!!施設さま、事業所さま、企業さまの取材記事やイベント情報などを独自の目線で分かりやすく発信しております!

セミナータイトルバー

→只今イベント情報はございません。

もっと詳しく

介護ナビあいちについて

介護に関わる全ての方にとって、より細かい情報提供や自由な選択ができ、いざという時も、そうでないときも常に頼られる存在になるべく「あいちの介護を、真剣に考えていこう!」と誕生しました。

もっと詳しく

介護について知る&用語集

介護について知る&用語集

介護ナビあいちに情報の掲載をしてみませんか?

「介護ナビあいち」の考え方にご賛同頂きご支援下さる様々な企業様や介護事業者様を募集しております。

もっと詳しく

姉妹サイトのご案内